21,2,13  春よ春

寒さに弱い私が はる を探しに伊豆へ行ってきました。

私達にとっては最後の孫と嫁に行った娘を連れてのドライブ旅行です。

まず最初は120年ぶりにリニューアルされた熱海梅園を目指しました。

日本一早咲きの梅を眺め春を堪能となりました。平成19年より工事にかかり韓国庭園と和風庭園、足湯、滝なども有り、以前にも訪れましたが、其のときより新鮮な感じを受けました。001 003

| | コメント (13) | トラックバック (0)

平成二十一年  年賀

  新年おめでとう御座います。 

  とは言うものの、年々歳をとりあまり目出度くも無し、「正月はいらない、帰っ  てくれ」と言った漫画が有ったが、今となれば、正に私がその心境です。 

今年は丑年、5回位までは覚えていたが、その後は忘れたかな。今更今年の抱負も無いが、まあ皆様に迷惑を掛けず笑顔で過ごせたら良いかな。

Jpp_et_068_2     

    と言うわけで、今年も宜しくお願いいたします 

                                    カッチャン 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本山

11月27、28日菩提寺住職と共に京都本山妙心寺の開山大師650年法要に参加して参りました。記述によると1337年当時の花園法皇が自らの離宮を提供し大師を向かえ開山したのが始まりとつたえられ、広大な敷地には46の塔頭が点在し、京都では、二条城につぐ広さと言われております。

014_5 017_4 018_4 019_5

龍安寺では住職とともに普段非公開の箇所も特別拝観してきました。残念ながら特別拝観箇所は撮影禁止でした。

      030_2 029                                                                         

020_4 021_2 027_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉 パート 2   20.10.24^25

ちょっとくどいが   またまた紅葉

娘夫婦に誘われて2歳半の孫を連れて、車で〈運転は交替)で紅葉見物に出掛けました。

先ずは、清水より諏訪経由で上高地向かいましたが、生憎の小雨模様でしたが、現地の紅葉も素晴らしく、観光客も大勢でさすがと思いました。 大正池も年々小さくなる感じとタクシー運転手さんに話したところ、毎年土砂を取り除いているが間に合はないとの事でした。

001_3  002_3  005_3

翌朝は、天気にも恵まれ新穂高のロープウエイに乗りましたがこちらも大勢の観光客が訪れており、全山紅葉、槍ヶ岳もはっきり望め素晴らしい景観を堪能いたしました。ロープウエイは3度目でしたが、今回が一番良かったと思いました。

007_3  021_2  023_2  020_2  028_2

山を下り高山屋台会館のあと高山陣屋〈全国に唯一現存する、郡代代官所)を見学しました、内部には御白洲吟味所なども有り、TVの水戸黄門の場面とオーバーラップを感じました。

030_2   032_2   陣屋通りです。

帰路は東海北陸自動車道を経由で車窓の景色を見ながらの旅でした。

走行距離は690キロでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉を求めて

20.10.13~14、紅葉をもとめて、山また山へ行ってきました。

あまり聞いたことも無い、長野市鬼無里、奥裾花へ行ってきましたが,紅葉には少し早いようでした。もう少しですね、

Img_0891  Img_0895  Img_0899

次に向かったのは白馬の栂池高原です。ゴンドラに乗り栂池自然園に向かいましたが、ゴンドラから見える景色の紅葉は見事なものでした。 自然園の樹木紅葉は終わり草紅葉でした。

Img_0905 Img_0906  Img_0915  Img_0913 Img_0910

大町から高瀬川を上った高瀬ダムはロックフイルダムの大きさに圧倒され、ダム湖のエメラルドグリーンの美しさに2度びっくりでした。

Img_0922  Img_0920  Img_0923

 今回は神社仏閣へは寄らず山と温泉、お天気も晴天とはいきませんが、雨にも降られずまずまずの旅でした。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

20. 9 雑  感

 もうすぐ秋のお彼岸です。今年は暑い日が大分つずいたので、秋はおくれそうです。  そんな時農薬汚染米で大騒ぎです。悪は潰さなければいけないと思いますね。私も知らずに汚染米で醸造された焼酎を若干飲みました。

Kannryou_001_2

一方、政府与党も総裁選びで賑やかになっておりますが、相変わらず官僚主導の政治になってしまうのでしょうか。

Kannryou_004_2     Kannryou_003_2 大勢の、総裁候補のどなたが適任でしょうか、迷うところです。私は明るく住みよい日本を国民誰もが望んでいると思っております。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20/8静岡発 ねぶた

20.8.5 より青森県の「ねぶた」を見に行ってきました。

088_147 088_168 088_183 088_187

弘前市の 扇ねぷた の一部です。写真には有りませんが太鼓の音も大変にぎやかです。

088_180_2 088_123 088_129 088_133 088_125 088_156

青森の 昼ねぶた の様子。 やはり電気の入った夜のねぶたの方が ハネト も大勢で活気があって見ごたえが有りますが、昼ねぶた も一度は良いと思いました。 山葵の無い刺身ってとこかな。 いや失礼

088_207 088_211 088_226 088_232 088_208

五所川原市の 立ねぷた です。五所川原のねぷたは、明治時代にその高さの隆盛を極めたそうですが、電線の普及と共に背の低いねぷたなったそうですが、当時の写真と台座の図面が出て来たのをきっかけに、1996年(ビルの 7階相当 高さ22メートル)の巨大ねぷたを約90年ぶりに復元し 立ちねぷた と 

命名したそうです。見た者はその高さと巨大さに驚くばかりです。 下にいる人間と比べてくださいちなみに、重量約17トン、証明は電球800個他蛍光灯、台座一辺約6メートルの鉄骨の台車で出来ておりそれを30数人で引きます。

088_192 088_193088_186

おなじみ 秋田の竿灯 祭りです。腰で受ける竿灯は一番難しいといわれて居るそうです。

088_238 088_239 088_241 088_242

仙台市の七夕祭 りです。 新聞などによると、今年は不景気のせいか七夕飾りを出す商店の数が減少傾向にあると書かれていたが、以前の飾りと少し寂しい気がしましたが、それなりに楽しめました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20,7 お盆、施餓鬼

 20,7,13(日曜日)は、全国的な猛暑日に 我が家ではお盆供養として例年通り墓参りに家族で行ってきました。

20_008 20_005 20_006

 写真は、山門, 本堂、 薬師堂です。

我が家庭では、14日に和尚さんをむかえ読経を頂きました。

20_004

お盆の行事と前後して、各寺院では、施餓鬼会が営まれます。私の菩提寺では、7月8日に檀家と近隣同宗の僧侶(今年は22名でした)を招き法要が開かれました。施餓鬼法要とは諸精霊位を供養し私達が今有るのも先祖が有ってのおかげと、感謝の日と伝えられております。

振り返ってみればお墓参りもあまりせず、自分の幸せだけを願い、旅行に行ったり、美味しいお料理を食べたり出来るのも先祖のおかげと、感謝する日でもあると教えられております。

20_003 この絵はお盆と関係なく、普段自宅に掛けられてる絵です。作者は 南部陽一郎 です。価値はあまり高価な物ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H20.7 清水七夕

 今年は、孫(2歳3ヶ月)と娘と私達家族と言っても二人、の合計4人で清水銀座の七夕祭りの見物に行ってきました。  

仙台の吹流しのような七夕とは、又違った清水の七夕を私は好きです。Img_0626 Img_0629 Img_0637

Img_0639 Img_0640

毎年の事ながら各商店製作に1~2ヶ月掛けて競いあい、どの作品も本当に立派なものと感心いたします。

Img_0642 Img_0644 Img_0645

  帰りはお決まりの居酒屋に立ち寄り, タクシーでの帰宅、本日の出費は1万円ちょっとで楽しめました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«浜岡原子力